スポンサーリンク

双日がミャンマーの通信塔事業edotco Myanmarに出資へ


Sojitz Corporation (双日)はミャンマー(ビルマ)のedotco Myanmarに出資することが分かった。

シンガポールのYoma Strategic Holdingsが明らかにした。

edotco Myanmarの親会社でシンガポールの持株会社のあるedotco Investments (Singapore)に対してはマレーシアのedotco Investments (Labuan)とYoma Strategic Holdingsの完全子会社であるYSH Financeが直接的に出資しており、持分比率はそれぞれ87.5%と12.5%となっている。

YSH Financeは同社の持分すべてを5,750万米ドル(約62億5,537万円)でSojitz Corporationに売却することで当事者間で合意に達したという。

これにより、Sojitz Corporationはedotco Investments (Singapore)に出資することになる。

edotco Investments (Singapore)は直接的および間接的にedotco Myanmarを完全所有しており、直接的に99%を保有するほか、残りの1%を完全子会社でシンガポールのAsian Towers Holdingsを通じて保有する。

edotco Investments (Labuan)はマレーシアのedotco Groupの完全子会社で、edotco GroupはマレーシアのAxiata Groupの子会社である。

edotco Groupに対するAxiata Groupの持分比率は63.0%であるため、edotco Myanmarに対するAxiata Groupの持分比率は間接的に55.1%となる。

edotco Groupは傘下の事業会社を通じてマレーシア、ミャンマー、カンボジア、バングラデシュ、パキスタン、スリランカに参入しており、いずれの国でも通信塔の建設や運営などを主要事業としている。

ミャンマーの事業会社がedotco Myanmarとなり、旧社名はDigicel Myanmar Tower Companyである。

2015年にedotco Groupがジャマイカを拠点とする英領バミューダ諸島のDigicel GroupからDigicel Myanmar Tower Companyの親会社であるDigicel Asian Holdngsを買収し、社名をDigicel Asian Holdngsからedotco Investments (Singapore)、Digicel Myanmar Tower Companyからedotco Myanmarに変更した。

ミャンマーでは全土で1,500以上の通信塔を所有および運営しており、カタールのOoredooの完全子会社でミャンマーの移動体通信事業者(MNO)であるOoredoo Myanmarやミャンマーの政府組織で同国の移動体通信事業者であるMyanma Posts and Telecommunications (ミャンマー国営郵便・電気通信事業体:MPT)が主要な顧客として挙げられる。

通信塔を運営する規模から、edotco MyanmarにとってOoredoo Myanmarが特に重要顧客となっている。

なお、edotco GroupはJTOWERと戦略的事業提携を行うことで合意しており、第5世代移動通信システム(5G)を見据えた協力も行う。

Yoma Strategic Holdings

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK