スポンサーリンク

ウズベキスタンのUMSがブランド名をMobiuzに変更


ウズベキスタンの移動体通信事業者(MNO)であるUniversal Mobile Systemsはブランド名をMobiuzに変更した。

これまで、ブランド名はUniversal Mobile Systemsの略称でもあるUMSとして展開してきたが、2019年12月2日よりMobiuzに切り替えた。

Universal Mobile Systemsは2018年12月29日付けでUMSからMobiuzに変更する計画を発表しており、段階的にブランドの切り替えを進める方針を示していた。

発表から1年近くが経過した2019年12月2日よりMobiuzとして展開を開始することになった。

ブランドの変更後も社名に変更はないが、将来的に社名も変更する可能性がある。

また、Mobiuzとしての展開の開始に伴い、新たなロゴも公開している。

事業の開始直後はロシアのMobile TeleSystems (MTS)と同じ卵のロゴを採用していたが、Mobile TeleSystemsが撤退後は卵のロゴを廃止したため、実質的にロゴが存在しない状況が続いていた。

なお、Universal Mobile SystemsはMobile TeleSystemsとウズベキスタンの政府機関である情報技術・通信開発省(Ministry for Development of Information Technologies and Communications)傘下の無線通信・放送およびテレビジョンセンター(Center of Radio Communication, Broadcasting and Television)との合弁会社として設立された。

設立当初の持分比率はMobile TeleSystemsが50.01%、無線通信・放送およびテレビジョンセンターが49.99%であった。

2014年12月に移動体通信事業者として携帯通信サービスを商用化したが、2016年8月にはMobile TeleSystemsが持分の全部を無線通信・放送およびテレビジョンセンターに売却し、さらに2018年11月には無線通信・放送およびテレビジョンセンターの持分の全部をウズベキスタン政府系ファンドのDigital Trustに移管した。

Mobiuz

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK