スポンサーリンク

香港特別行政区のcsl.と1O1O、5Gサービスを4月に商用化


香港特別行政区の移動体通信事業者(MNO)であるHong Kong Telecommunications (HKT)は第5世代移動通信システム(5G)を2020年4月に商用化する計画を明らかにした。

Hong Kong Telecommunications (HKT)は2020年4月に高品質な5Gサービスの提供を開始するための準備を進めているという。

5G向け周波数としてはサブ6GHz帯の3.5GHz帯および4.5GHz帯、ミリ波(mmWave)の28GHz帯を取得している。

帯域幅は屋内と屋外で利用できる3.5GHz帯が50MHz幅、屋内専用の3.5GHz帯が30MHz幅、屋内と屋外で利用できる4.5GHz帯が40MHz幅、屋内と屋外で利用できる28GHz帯が400MHz幅となる。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を導入する予定で、NR Bandは3.5GHz帯がn78、4.5GHz帯がn79、28GHz帯がn257である。

なお、周波数の免許はHong Kong Telecommunications (HKT)が保有するが、電気通信役務は子会社のCSL Mobile (香港移動通訊)を通じてcsl.ブランドおよび1O1Oブランドで提供している。

すでにcsl.ブランドと1O1Oブランドの両方で5Gサービスの導入を予告しており、両ブランドで同時に5Gサービスを商用化すると思われる。

Hong Kong Telecommunications (HKT)

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK