スポンサーリンク

ソフトバンク向け未発表端末の認証機関通過状況 (2020年3月29日)



~SoftBank向け未発表端末の認証機関通過状況~

2020年3月29日現在におけるSoftBankブランドおよびY!mobileブランドを含めたSoftBank向けと確定またはSoftBank向けと推定される未発表端末の認証機関の通過情報である。

製品化されない試作端末が含まれる場合があるため、その点は留意されたい。

新たな認証機関の通過情報がある場合は基本的に同週の日曜日に更新し、新たな通過情報がなくとも未発表端末が存在する場合は掲載することもある。

外国当局の認証機関では当該国で利用する周波数のみで認証を受けるため、認証機関を通過するタイミングによって日本で利用できる周波数より先に特定の外国で利用できる周波数が判明する場合ことも多い。

原則として認証機関の通過によって判明した情報を記載しているため、記載していない周波数やその他の機能などが非対応になるとは限らない。

例えば、LTE方式のB1、B2、B3、B4、B8、B41に対応する端末が米国の認証のみを通過してB2、B4、B41の対応を確認できた場合、認証機関で判明した情報としてB2、B4、B41のみを記載する。

また、認証機関を未通過でもメーカー側の公式ウェブサイトや対応機種一覧などで一般に入手できる情報として型番を確認できれば、その型番などを掲載する場合がある。

凡例:
■メーカー名
○型番 (メーカー型番/コードネームなどを含む)
└☆通過済みの認証機関など
└★通信方式および周波数
└判明した対応機能など各種情報

※2020年3月29日現在の情報

■ZTE
①A001ZT
└☆Wi-Fi Alliance
└★LTE, W-CDMA, GSM
└スマートフォン
└Android 10
└MediaTek製チップセット
└無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)

SoftBankは2020年3月5日に新機種を発表したが、2020年春夏にSoftBankブランドのラインナップで発売するSoftBank 5Gに対応した機種のみ発表した。

SoftBank 5Gに非対応の機種は改めて発表する可能性があり、SoftBankブランドではなくY!mobileブランドの新機種を準備している可能性も想定できる。

なお、SoftBankは2020年4月1日から始まる2020年度以降に発売する機種から型番規則を変更する模様で、通信方式や端末種別に関係なく共通の新たな型番規則を適用する見込み。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK