スポンサーリンク

楽天モバイルがRakuten UN-LIMITを改定、パートナーエリアでは5GBに


Rakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者(MNO)として提供する楽天回線の携帯通信サービスの料金プランを改定した。

楽天回線の携帯通信サービスでは料金プランはRakuten UN-LIMITの1種類のみを提供するが、商用化に合わせて2.0にバージョンアップするという。

2020年3月3日の発表当初、楽天回線ではデータ通信容量が完全に無制限となるが、日本国内のパートナー回線では月間データ通信容量が2GBで、2GBを超過後は当月末までの通信速度は最大128kbpsと案内していた。

楽天回線の携帯通信サービスを商用化した2020年4月8日に改定を案内しており、楽天回線では引き続きデータ通信容量が完全に無制限で、日本国内のパートナー回線では月間データ通信容量を5GBに増量し、5GBを超過後は当月末までの通信速度が最大1Mbpsとなる。

月間データ通信容量に加えて所定の月間データ通信容量を超過後の通信速度も引き上げた。

なお、2GBから5GBへの増量は2020年4月22日より順次実施するという。

日本国内のパートナー回線はRakuten Mobileとローミング協定を締結したauを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)のネットワークを指す。

沖縄県以外ではKDDI、沖縄県ではOkinawa Cellular Telephoneが整備したLTE方式のネットワークをローミングとして利用できる。

ローミングの対象となる周波数は基本的にKDDIまたはOkinawa Cellular Telephoneが整備したLTE方式の800MHz帯で、LTE BandはBand 18またはBand 26となる。

800MHz帯を優先の搬送波とするキャリアアグリゲーション(CA)を適用し、第二以降の搬送波で800MHz帯以外の周波数を利用できる場合がある。

ローミングの提供エリアは大阪府大阪市、愛知県名古屋市、東京都特別区(東京23区)、局所的なトラヒック混雑エリアを除いた日本全国となるが、大阪市、名古屋市、東京都特別区でも地下を含めた屋内施設の一部はローミングの提供エリアに含まれる。

詳細な提供エリアはRakuten Mobileがパートナーエリアとして公式ウェブサイトに掲載している。

ローミングの提供期間は2026年3月31日までと定められているが、都道府県ごとにRakuten Mobileが自ら基地局を整備する楽天回線の人口カバー率が70%を上回れば、その時点でRakuten MobileとKDDIまたはOkinawa Cellular Telephoneが協議を行い、各都道府県におけるローミングの提供の継続または終了を決定する。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK