スポンサーリンク

Snapdragon 865 5Gを搭載した5Gスマホvivo X50 Pro+を発表


中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)はNR/LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「vivo X50 Pro+」を発表した。

vivo X50シリーズで最上位となるスマートフォンである。

OSにはAndroid 10をベースとするFuntouch OSを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformを搭載し、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはリフレッシュレートが最大120Hzの約6.56インチFHD+(1080*2376)AMOLEDを搭載している。

カメラはリアにメインの約5000万画素CMOSイメージセンサ、ポートレート用の約1300万画素CMOSイメージセンサ、超広角レンズの約800万画素CMOSイメージセンサ、望遠レンズの約800万画素CMOSイメージセンサで構成されるクアッドカメラ、フロントに約3200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR/LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM方式に対応する。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式はスタンドアローン(SA)構成とノンスタンドアローン(NSA)構成の両方に対応したデュアルモード5Gとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.1、無線LAN (2.4GHz/5GHz)、NFCにも対応している。

システムメモリの容量が8GBで内蔵ストレージの容量が128GBのモデル(以下、8GB+128GBモデル)、システムメモリの容量が8GBで内蔵ストレージの容量が256GBのモデル(以下、8GB+256GBモデル)、システムメモリの容量が12GBで内蔵ストレージの容量が256GBのモデル(以下、12GB+256GBモデル)が用意される。

電池パックは内蔵式で、容量は4315mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

生体認証は顔認証と指紋認証に対応しており、指紋認証センサはディスプレイ一体型を採用する。

カラーバリエーションは引力および素皮版の2色展開である。

中国で2020年7月に発売する予定で、詳細なスペックや具体的な発売日などは発売時期が迫れば案内する見込み。

価格は8GB+128GBモデルが4,998人民元(約75,000円)、8GB+256GBモデルが5,498人民元(約83,000円)、12GB+256GBモデルが5,998人民元(約90,000円)に設定されている。


vivo

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK