スポンサーリンク

ポーランドのT-Mobile Polskaが5Gサービスを商用化、2.1GHz帯を使用


ドイツのDeutsche Telekomの完全子会社でポーランドの移動体通信事業者(MNO)であるT-Mobile Polskaは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

2020年6月9日よりNR方式に準拠した5Gサービスの提供を開始している。

5Gサービスの開始当初はポーランドの首都・ワルシャワおよびその周辺地域、ウッチ、クラクフ、ポズナン、ヴロツワフ、プウォツク、オポーレ、チェンストホヴァ、ジェシュフ、ビェルスコ=ビャワ、キェルツェ、アッパーシレジア工業地帯の一部が5Gサービスの提供エリアとなる。

5Gサービスを商用化した時点ではポーランド全土で1,460局のNR方式に対応した基地局を開設しており、2020年6月末には1,600局まで増設する計画という。

個人顧客の場合は2019年9月から提供しているポストペイドプラン、法人顧客の場合はMagenta Biznesに加入していれば5Gサービスを有効化できる。

5Gサービスの利用に追加料金は発生しない。

T-Mobile Polskaは5Gサービスに対応した端末を案内しており、スマートフォンは韓国のLG Electronics製のLG V60 ThinQ 5Gおよび中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)製のXiaomi Mi 10、据置型無線LANルータは中国のZTE (中興通訊)製のZTE MC801Aが対応する。

なお、ソフトウェアバージョンはLG V60 ThinQ 5GがV10e-EEA-XX、Xiaomi Mi 10が11.0.11.0(QJBEUXM)、ZTE MC801AがTMOPLMC801AV1.0.0B07で5Gサービスの動作を確認できたという。

ポーランドでは同国の政府機関で電気通信分野の規制を司る電子通信局(Office of Electronic Communications)が5G向けに3.5GHz帯の割当を計画しているが、今般の状況で3.5GHz帯の割当を延期することになった。

そのため、T-Mobile Polskaはすでに保有する2.1GHz帯を使用してNR方式を導入している。

NR BandはFR1のn1である。

NR方式は第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用し、E-UTRA-NRデュアルコネクティビティ(EN-DC)を実装してNR方式とLTE方式の同時通信で利用できる。

これまでに、ポーランドの移動体通信事業者としてはPlusとして展開するPolkomtelがすでに5Gサービスを商用化しており、T-Mobile Polskaはポーランドで2番目に5Gサービスを商用化した移動体通信事業者となった。

T-Mobile Polska

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK