スポンサーリンク

マカオのCTMがSony Xperia 1 IIを発売、5Gサービスに対応予定


マカオ特別行政区の移動体通信事業者(MNO)であるCompanhia de Telecomunicacoes de Macau (澳門電訊:CTM)はSony Mobile Communications製のスマートフォン「Sony Xperia 1 II (XQ-AT52)」を発売した。

Sony Xperia 1 IIはSony Mobile Communicationsがフラッグシップとして展開するハイスペックなスマートフォンである。

OSにはAndroid 10を採用し、チップセットはQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformを搭載している。

ディスプレイはHDR対応の約6.5インチ4K(1644*3840)有機ELで、カメラはリアに3個の約1200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR (FR1, FDD) 2100(n1)/1800(n3)/700(n28) MHz, NR (FR1, TDD) 3700(n77)/3500(n78) MHz, LTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2/B25)/ 1800(B3)/1700(B4/B66)/1500(B32)/ 900(B8)/850(B5)/800(B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B17/B28/B29) MHz, LTE (TDD) U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.1、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)、NFCも利用できる。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は256GBである。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックの容量は4000mAhとなっている。

充電端子はUSB Type-Cを採用しており、無線充電にも対応している。

Companhia de Telecomunicacoes de Macauでは価格が8,250マカオパタカ(約111,000円)に設定されている。

基本的にCompanhia de Telecomunicacoes de Macauが提供するポストペイドプランであるLocal Usage PlanおよびGreater Bay Area Plan向けに取り扱い、24ヶ月契約に加入することを条件として6,900マカオパタカで購入できる。

Companhia de Telecomunicacoes de Macauは第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に準拠した5Gサービスを商用化していないが、5Gサービスを商用化すればSony Xperia 1 IIで利用できるようになる予定である。

5Gサービスを商用化する時期は公表していないが、すでにマカオ特別行政区全土でNR方式の基地局の設置を進めている。


CTM

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK