スポンサーリンク

シンガポール最大手のSingtelが5G免許を取得、通信設備ベンダはEricssonに


シンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel/新電信)の完全子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるSingtel Mobile Singaporeは第5世代移動通信システム(5G)の免許を正式に取得したと発表した。

Singtel Mobile Singaporeは2020年6月24日付けでシンガポールの政府機関で電気通信分野の規制を司る情報通信メディア開発庁(Info-communications Media Development Authority:IMDA)より5Gの免許を正式に取得したという。

これにより、Singtel Mobile Singaporeは5G向け周波数としてサブ6GHz帯およびミリ波(mmWave)の周波数を使用する権利を得たことになり、周波数の有効期間が開始する2021年1月から5G向け周波数を使用してNR方式のスタンドアローン(SA)構成に準拠した5Gネットワークの整備を行う。

Singtel Mobile Singaporeは5Gの主要な通信設備のベンダも選定を完了しており、厳格な入札を経てスウェーデンのEricssonを選定した。

可能な限り速やかにEricssonと契約条件を確定し、EricssonよりSA構成に対応した通信設備を調達して5Gネットワークを構築する計画である。

すでにSingtel Mobile Singaporeは5Gに対応したスマートフォンとして中国のHuawei Technologies (華為技術)製のHUAWEI P40 5G、HAUWEI P40 Pro 5G、HUAWEI P40 Pro+ 5G、HUAWEI Mate 30 Pro 5G、HUAWEI Mate Xs 5G、HUAWEI nova 7 SE 5G、中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)製のOPPO Find X2 Pro 5G、韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のSamsung Galaxy S20 Ultra 5Gを販売しており、これらのスマートフォンではSingtel Mobile Singaporeが5Gサービスを商用化すれば5Gサービスの利用が可能となる見込み。

なお、シンガポールには4社の移動体通信事業者が存在するが、加入件数を基準にSingtel Mobile Singaporeが最大の移動体通信事業者となっている。

Singtel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK