スポンサーリンク

南アフリカのRainがNR SA準拠の5Gサービスを開始


南アフリカの移動体通信事業者(MNO)であるRainは第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定されたNR方式のスタンドアローン(SA)構成を商用化したと発表した。

中国のHuawei Technologies (華為技術)と共同でSA構成に準拠した商用の5Gネットワークを立ち上げたと案内している。

Rainは2019年11月11日にアフリカの国では初めて5Gサービスの商用化を実現したが、5Gサービスの開始当初よりNR方式のノンスタンドアローン(NSA)構成で運用してきた。

2020年7月19日からは一部の都市ではSA構成で運用を開始しており、Huawei Technologiesによるとアフリカで最初のSA構成に準拠した商用の5Gネットワークになるという。

5Gサービスの開始当初はハウテン州のプレトリア地区を含めたツワネ市都市圏およびヨハネスブルグ市都市圏とその周辺都市を提供エリアとしていたが、遅れて西ケープ州のケープタウン市都市圏も提供エリアに追加した。

新たに追加したケープタウン市都市圏でSA構成の運用を開始しており、具体的にはケープタウンのシーポイント、クレアモント、グッドウッド、ベルビル、ダーバンビル、ケープタウン・シティセンターでSA構成に準拠した5Gネットワークを立ち上げた。

5GネットワークはHuawei Technologiesが開発および製造した基地局を使用して構築している。

顧客に貸与する端末もHuawei Technologiesより調達しており、屋内用の据置型無線LANルータであるHUAWEI 5G CPE Proおよび屋外用の据置型無線LANルータであるHUAWEI 5G CPE Xを用意する。

5Gサービスは固定通信用途で提供しており、料金プランは2種類から選べる。

unlimited home 5G standardは月額料金が699南アフリカランド(約4,500円)、月間データ通信容量が無制限、通信速度が最大30Mbps、端末がHUAWEI 5G CPE Pro、unlimited home 5G premiumは月額料金が999南アフリカランド(約6,500円)、月間データ通信容量が無制限、通信速度が最大200Mbps、端末がHUAWEI 5G CPE Xとなっている。

なお、5Gサービスで使用する周波数はサブ6GHz帯の3.5GHz帯で、NR BandはFR1のn78である。

Rain

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK