スポンサーリンク

T-Mobile USが米国2位の携帯電話事業者に、AT&Tを上回る


米国のT-Mobile USは同社が米国で第2の携帯電話事業者であると発表した。

T-Mobile USは完全子会社のT-Mobile USAおよびSprintを通じて移動体通信事業者(MNO)として携帯通信サービスを提供している。

T-Mobile USは2020年第2四半期の業績を発表するとともに、2020年6月30日時点の事業データも公表しており、T-Mobile USAとSprintを含めたT-Mobile USの携帯通信サービスの加入件数は9,832万7,000件に達したことを明らかにした。

なお、T-Mobile USは2020年4月1日にSprintと経営統合を完了しており、SprintはT-Mobile USAの完全子会社として存在する。

まずはSprintが展開していたSprintブランドを廃止し、T-Mobile USAが展開するT-Mobileブランドに統合しており、将来的にはネットワークもT-Mobile USAに統合する計画である。

2020年4月1日以降はT-Mobile USの加入件数にSprintの加入件数も含み、2020年6月30日時点の加入件数は2020年3月31日時点の6,854万3,000件から43.5%と大幅に増加した。

これまで、米国ではAT&Tが携帯通信サービスの加入件数で2位となっていた。

AT&Tは完全子会社のAT&T Mobilityを通じて移動体通信事業者として携帯通信サービスを展開しており、2020年3月31日時点の加入件数は9,295万6,000件で、2020年6月30日時点の加入件数は9,292万7,000件となった。

2020年3月31日時点の加入件数はAT&Tの方が多いが、2020年6月30日時点の加入件数はT-Mobile USがAT&Tを上回り、これを受けてT-Mobile USは米国で2位の携帯電話事業者になったと説明している。

米国の携帯電話事業者としてはVerizon Communicationsが最大規模で、完全子会社でVerizon Wirelessとして展開するCellco Partnershipを通じて移動体通信事業者として携帯通信サービスを提供する。

Verizon Communicationsは2020年6月30日時点の加入件数が1億1,987万2,000件となり、米国では唯一の加入件数が1億件を超える携帯電話事業者となっている。

T-Mobile US

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK