スポンサーリンク

ロシアのTele2 Russia、自国に先立ち5G国際ローミングを開始


ロシアの移動体通信事業者(MNO)でTele2 Russiaとして展開するT2 Mobile、Saint-Petersburg Telecom、ACOSは国際ローミングで第5世代移動通信システム(5G)を提供すると発表した。

T2 Mobile、Saint-Petersburg Telecom、ACOSは2020年8月17日よりスイスにおける国際ローミングで5Gサービスの提供を開始している。

対象の移動体通信事業者はスイスのSunrise Communicationsである。

Sunrise Communicationsは2019年5月2日に5Gサービスを商用化しており、世界で6番目、欧州およびスイスでは2番目と早期に5Gサービスを商用化した。

5Gの通信方式はNR方式のノンスタンドアローン(NSA)構成を採用し、周波数はサブ6GHz帯の700MHz帯と3.5GHz帯で、NR Bandは700MHz帯がFR1のn28、3.5GHz帯がFR1のn78となる。

5Gサービスの商用化の当初は広い帯域幅を確保できるn78を先行して整備してきたが、遅れてカバレッジを確保できるn28の使用も開始しており、すでにSunrise Communicationsの5Gサービスは提供エリアを554の都市に拡大しているという。

T2 Mobile、Saint-Petersburg Telecom、ACOSの加入者は対象の携帯端末を使用していれば、特別な申し込みやスマートフォンの設定を変更する必要なく、自動的にSunrise Communicationsのネットワークで5Gサービスを利用できる。

対象の携帯端末は韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のSamsung Galaxy S10 5G、Samsung Galaxy S20 5G、Samsung Galaxy S20+ 5G、Samsung Galaxy S20 Ultra 5G、Samsung Galaxy Note20 5G、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特定のモデルとなる。

なお、ロシアとスイスを結ぶ直行便は2020年3月下旬に中断したが、2020年8月15日よりロシアの航空会社であるAeroflot – Russian Airlinesがロシアの首都・モスクワとスイスのジュネーブを結ぶ直行便の運航を再開しており、スイスにおける国際ローミングの需要は復活すると期待されている。

T2 Mobile、Saint-Petersburg Telecom、ACOSはいずれもロシアのT2 RTK Holdingの子会社で、それぞれ対象区域が異なる。

ロシア国内では5Gサービスを商用化していないため、自国より先に外国における国際ローミングで5Gサービスの提供を開始したことになる。

Tele2 Russia

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK