スポンサーリンク

コロンビアのDIRECTV Colombiaが5Gサービスを開始、中南米初のSA構成に


米国のAT&Tの子会社でコロンビアの通信事業者であるDIRECTV Colombiaは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

2020年9月2日よりNR方式に準拠した5Gサービスの提供を開始している。

固定通信用途で5Gサービスを商用化しており、まずはコロンビアの首都・ボゴタのケネディおよびエンガティバの一部が提供エリアとなる。

通信速度は最大100Mbpsに制御されるが、5Gの特徴のひとつである低遅延などが期待できる。

スウェーデンのEricsson、台湾のGemtek Technology (正文科技)、米国のQualcommの完全子会社で同国のQualcomm Technologiesと協力して5Gサービスの商用化を実現したという。

基地局はEricssonより調達しており、大規模MIMO (Massive MIMO)に対応したアンテナ一体型無線機を採用している。

端末はGemtek Technologyが開発した顧客構内設備(Customer Premises Equipment:CPE)と呼ばれる据置型無線LANルータを提供し、通信モデムとしてはQualcomm Technologiesが開発したQualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF Systemを搭載する。

無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)に対応しており、最大で15台の無線LAN機器を同時に接続できる。

通信方式はNR方式のスタンドアローン(SA)構成を導入しており、周波数はサブ6GHz帯の2.5GHz帯で、NR BandはFR1のn41である。

Qualcomのブラジル法人で中南米事業を統括するQualcomm Servicos de Telecomunicacoesは中南米で最初のSA構成に準拠した5Gサービスになると強調している。

なお、中南米は世界的に見て5Gサービスの導入が遅れている地域であり、中南米の独立国では2020年7月14日に5Gサービスを商用化したブラジルのClaroに次いで2番目となった。

また、コロンビアでは初めて5Gサービスを商用化したことになる。

Facebook – DIRECTV LatinAmerica

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK