スポンサーリンク

シャープ、5GスマホとしてAQUOS sense5GやAQUOS zero5G basicなどを準備中か


SHARPはスマートフォン「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 lite」、「AQUOS sense4 basic」、「AQUOS sense4 plus」、「AQUOS sense5G」、「AQUOS zero5G basic」を発売する見込みであることが分かった。

SHARPが出願した商標から判明しており、特許庁(Japan Patent Office:JPO)および独立行政法人工業所有権情報・研修館(National Center for Industrial Property Information and Training:INPIT)が運用する特許情報プラットフォームを通じて商標を出願した事実を確認できる。

いずれの製品名もSHARPが2020年8月25日付けで商標を出願しており、特許情報プラットフォームでは2020年9月8日付けで情報が公開された。

商標を出願した時期や製品名の命名規則を考慮すると、2020年秋から2021年春までに順次発売する可能性が高い。

製品名からAQUOS sense5GおよびAQUOS zero5G basicは第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応することが確実と考えられる。

これまでに、SHARPは5Gに対応したスマートフォンの発表会を2020年9月11日に開催する計画を明らかにしている。

2020年9月11日に開催する発表会ではAQUOS sense5GとAQUOS zero5G basicを発表する可能性がある。

ベンチマークで判明した情報からSHARPはチップセットにQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile PlatformまたはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformのいずれかを搭載したスマートフォンとしてSHARP W-115を準備していることが分かっている。

なお、SHARP W-115はメーカー型番であるが、メーカー型番の規則からSoftBank向け推測できる。

また、米国のQualcommの完全子会社で同国のQualcomm TechnologiesがQualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platformを発表時にSHARPがコメントを寄せたため、SHARPが採用する可能性は高いと考えられる。

AQUOS zeroシリーズはAQUOS senseシリーズより上位となるため、あくまでも推測の域を出ないが、AQUOS sense5GがQualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platformを搭載し、AQUOS zero5G basicがQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile PlatformまたはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformを搭載する可能性がある。

SHARPはSIMロックフリーのスマートフォンも展開しているが、基本的には移動体通信事業者(MNO)を通じて販売するため、各スマートフォンはSHARPの発表後に移動体通信事業者各社が個別に取り扱いに関して発表する見込み。

特許情報プラットフォーム

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK