スポンサーリンク

au向けスマホGalaxy Z Fold2 5G SCG05がFCC通過、n28にも対応か



KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けの韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「SCG05」が2020年10月13日付けで米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDはA3LSMF916JPN。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 850(B5)/700(B12/B13) MHz, LTE (TDD) 2500(B41) MHz, W-CDMA 850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetooth、無線LAN、NFC、無線給電の周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/axに対応しており、2.4GHz帯および5GHz帯の無線LANを利用できる。

SCG05はGalaxy Z Fold2 5G SCG05として正式に発表されている。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneがauのラインナップで展開するスマートフォンである。

折り畳めるフォルダブルディスプレイを搭載するほか、第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に準拠したau 5Gを利用できる。

2020年11月上旬に発売する予定と案内している。

FCCで公開された資料には通信方式および対応周波数が記載されており、NR (FR1, FDD) 700(n28) MHz, NR (FR1, TDD) 3700(n77)/3500(n78) MHz, LTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1800(B3)/ 850(B5)/800(B18/B20)/ 700(B12/B13/B28) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/2600(B38)/ 2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzを利用できるという。

FCCの資料に記載された通信方式および対応周波数の一部は最終的な製品版では非対応となる場合もあるため、確定した事項ではないが、NR (FR1, FDD) 700(n28) MHzも利用できる可能性がある。

なお、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneは総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)より3.9世代移動通信システム(3.9G)等の普及のための特定基地局の開設計画(以下、3.9G等普及の開設計画)および第4世代移動通信システム(4G)等の普及のための特定基地局の開設計画(以下、4G等普及の開設計画)の変更の認定を受けた。

これに伴い、3.9G等普及の開設計画に基づきNR (FR1, FDD) 700(n28) MHz、4G等普及の開設計画に基づきNR (FR1, FDD) 1800(n3) MHzを導入することが決まっている。


FCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK