スポンサーリンク

富士通コネクテッドテクノロジーズ、ローカル5G対応スマートデバイスを開発



FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES (富士通コネクテッドテクノロジーズ:FCNT)はNR/LTE端末「ローカル5G対応スマートデバイス」を発表した。

ローカル5Gに対応したスマートフォン型のスマートデバイスである。

OSにはAndroid 10を採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformを搭載する。

ディスプレイは約6.7インチWQHD+(1440*3120)有機ELとなる。

カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサ、広角カメラの約1600万画素CMOSイメージセンサ、望遠カメラで光学3倍ズームに対応した約800万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約3200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR (FR1, TDD) 4500(n79) MHz, NR (FR2, TDD) 28000(n257) MHz, LTE (TDD) 2500(B41)/1900(B39) MHzに対応する。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式はスタンドアローン(SA)構成とノンスタンドアローン(NSA)構成に対応したデュアルモード5Gである。

周波数はサブ6GHz帯のFR1およびミリ波(mmWave)のFR2に対応しており、ローカル5Gを利用できるよう設計している。

ローカル5Gは2019年12月に制度化されたミリ波の周波数範囲に加えて、新たに割当が検討されているサブ6GHz帯およびミリ波の周波数範囲も利用できる。

B41は地域広帯域移動無線アクセスシステム(地域BWA)および自営等広帯域移動無線アクセスシステム(自営等BWA)、B39はsXGPの周波数で、ローカル5GをNSA構成で運用する場合にアンカーバンドとして使用が可能である。

Bluetooth 5.1および無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)にも対応する。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は128GBとなる。

電池パックは内蔵式で、容量は4070mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

ネットワーク状態可視化ツールを搭載しており、ローカル5Gおよびアンカーバンドの周波数や帯域幅などを確認できる。

ローカル5Gのネットワーク検証や実証実験用に2020年10月末より提供を開始する予定である。

なお、FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESは米国のQualcommと協業して5Gに対応したスマートフォンのリファレンスデザインを開発しており、それをベースとしてローカル5G対応スマートデバイスを開発した。


FCNT

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK