スポンサーリンク

モトローラ、日本でmoto g PROとmoto g9 playの販売を開始



米国のMotorola Mobilityの日本法人であるMotorola Mobility Japanはスマートフォン「moto g PRO」および「moto g9 play」を日本で発売した。

いずれもSIMロックフリーのスマートフォンで、日本では2020年10月30日より販売を開始しており、日本向けのモトローラ公式オンラインストアなどを通じて購入できる。

カラーバリエーションはmoto g PROがミスティックインディゴの1色展開で、moto g9 playがサファイアブルーとフォレストグリーンの2色から選べる。

価格はmoto g PROが35,800円(税込)、moto g9 playが24,800円(同)に設定されている。

moto g PROはOSにAndroid 10を採用しており、チップセットはQualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformを搭載する。

ディスプレイは約6.4インチFHD+(1080*2300)液晶を搭載し、スタイラスペンによる操作を行える。

カメラはリアに約4800万画素CMOSイメージセンサ、約1600万画素CMOSイメージセンサ、約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約1600万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE/W-CDMA/GSM方式に対応しており、SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCも利用できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

外部メモリの利用を可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックの容量は4000mAhで、充電端子はUSB Type-Cとなる。

moto g9 playはOSにAndroid 10を採用しており、チップセットはQualcomm Snapdragon 662 Mobile Platformを搭載している。

ディスプレイは約6.5インチHD+(720*1600)IPS液晶で、カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサ、マクロ用の約200万画素CMOSイメージセンサ、深度測定用の約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE/W-CDMA/GSM方式に対応しており、SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCにも対応する。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBとなる。

外部メモリの利用を可能としており、microSDカードスロットを搭載している。

電池パックの容量は5000mAhで、充電端子はUSB Type-Cである。


motorola

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK