スポンサーリンク

中國移動香港が5G NRのSA構成を導入、香港では初めて



中国のChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)の子会社で香港特別行政区の移動体通信事業者(MNO)であるChina Mobile Hong Kong (中國移動香港:CMHK)はNR方式のスタンドアローン(SA)構成を導入したと発表した。

China Mobile Hong Kongは2020年4月1日の0時0分(香港時間)よりNR方式に準拠した5Gサービスの提供を開始しており、当初よりノンスタンドアローン(NSA)構成で運用してきたが、新たにSA構成の運用も開始している。

NR方式は第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定された無線方式で、NSA構成とSA構成の仕様が策定されている。

NSA構成では第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式と連携して動作し、基本的に4G向けコアネットワークのEPCを使用するが、SA構成ではNR方式が単独で動作することになり、5G向けコアネットワークの5GCを使用する。

NSA構成では広い帯域幅を使用してeMBB (超高速大容量)の実現が可能で、SA構成ではeMBBに加えてmMTC (同時多接続)およびURLLC (低遅延高信頼)も実現できる。

SA構成の導入に伴いネットワークスライシングを実装し、mMTCやURLLCなど要件が厳格な産業用途における個別の需要も満たす。

なお、China Mobile Hong Kongは5G向け周波数としてサブ6GHz帯では3.5GHz帯と4.5GHz帯、ミリ波(mmWave)では28GHz帯の割当を受けているが、まずはサブ6GHz帯の周波数を使用する。

NR Bandは3.5GHz帯がFR1のn78で、4.5GHz帯がFR1のn79である。

これまでに、香港特別行政区の移動体通信事業者としてはChina Mobile Hong Kongを含めた4社が5Gを導入しているが、SA構成はChina Mobile Hong Kongが初めて導入したことになる。

また、China Mobile Hong KongはSA構成を導入することで、香港特別行政区におけるスマートシティの建設を支援できると説明している。

China Mobile Hong Kong

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK