スポンサーリンク

トーンモバイルがオリジナルスマホTONE e21を準備中、技適を通過



総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)は技術基準適合証明や工事設計認証などを通過した機器の情報を更新した。

CPSpeed製のLTE/W-CDMA/GSM端末「TONE_e21」が2020年12月30日付けでCertificate Technical Support Center (認証技術支援センター)を通じて電波法に基づく工事設計認証を取得したことが分かった。

工事設計認証番号は018-200380。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/ 900(B8)/800(B19) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothおよび無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの周波数は2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

TONE_e21は未発表端末の型番で、実際はTONE e21として発表される見込み。

型式名称からFreeBitの完全子会社であるDREAM TRAIN INTERNET (DTI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開しているTONE MOBILEで提供するオリジナルのスマートフォンと推測できる。

2021年1月20日付けでBluetooth SIGの認証も通過しており、Bluetooth 5.2に対応することも判明している。

これまで、TONE MOBILEでは複数のオリジナルのスマートフォンを展開してきた。

直近の2機種としてはTONE e19およびTONE e20いずれも工事設計認証はWiko Japanが申請者で、Wiko Japanの親会社である中国のShenzhen Tinno Mobile Technology (深圳市天瓏移動技術)が製造を担当した。

ただ、TONE e21の場合は工事設計認証の申請者がWiko Japanではないため、製造元はShenzhen Tinno Mobile Technologyではないと考えられる。

申請者のCPSpeedは携帯端末や部品などの販売、修理、サポート、総合輸出入貿易や仲介などを主要事業とする。

そのため、TONE e21に関しては製造元と販売元の仲介および輸入元として機能することになると思われる。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • Archive

  • Select Category

  • LINK