スポンサーリンク

韓国当局、LG Rollable (LM-R910N)の実機画像を公開



韓国のLG Electronics (LG電子)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「LM-R910N」が2021年3月19日付けで国家技術標準院(Korean Agency for Technology and Standards:KATS)が指定する認証を取得したことが分かった。

国家技術標準院が運営するウェブサイトでは認証情報および製品情報が公開されている。

認証情報は認証機関が韓国機械電気電子試験研究院(Korea Testing Certification:KTC)、認証区分が電気用品及び生活用品安全法対象の安全確認対象の電気用品、認証番号がXU102288-21002A、認証状態が適合、認証日が2021年3月19日となっている。

電気用品及び生活用品安全法の規定に基づき安全確認を取得する必要がある電気用品は国家技術標準院が指定する認証機関を通じて安全確認を取得する必要があり、LM-R910Nは韓国機械電気電子試験研究院を通じて安全確認を取得したことが分かる。

なお、国家技術標準院は韓国の政府機関である産業通商資源部(Ministry of Trade, industry and Energy)傘下機関である。

製品情報は品目名がタブレットPC、モデルがLM-R910N、製品分類コードが情報・通信・事務機器のノートブックコンピュータのタブレットPC、輸入または製造の状況が輸入と記載されている。

輸入または製造の状況は韓国国外に所在する工場で製造する場合はすべて輸入に分類し、韓国国内に所在する工場で製造する場合に限り製造に分類される。

メーカー情報は製造業者がベトナムのLG Electronics Vietnam Hai Phong、製造国がベトナム、輸入業者がLG Electronicsとなっている。

LG Electronics Vietnam Hai PhongはLG Electronicsの子会社で、ベトナムのハイフォン市で工場を所有および運営している。

LG ElectronicsはLG Electronics Vietnam Hai Phongを通じてハイフォン市に所在する工場で製造し、LG Electronicsが完成品の輸入を行う。

製品の写真としてLM-R910Nの実機画像も公開されており、LM-R910Nの外観を確認することができる。

LM-R910Nは未発表端末の型番である。

すでにBluetooth SIGの認証も通過しており、Bluetooth SIGの認証では製品名がLG Rollableとなることが判明している。

安全確認ではタブレットPCに分類されているが、Bluetooth SIGの認証では電話として分類されている。

国家技術標準院が運営するウェブサイトでは2021年3月19日に実施した認証情報が公開されたが、LG Electronicsは2021年4月5日に開催した理事会で2021年7月31日までにMC (Mobile Communications)事業本部の営業を停止し、携帯電話の製造と販売を終了することを承認した。

これにより、LG Electronicsは2021年7月31日をもって携帯電話事業から撤退する。

ただ、2021年5月末までは移動体通信事業者(MNO)に供給する約束を履行するために携帯電話の製造を継続することも表明しており、LG Rollableの製品化に関しては不透明な状況となっている。

LG Rollableの製品化は確実ではないが、韓国の公的な認証機関では実機が公開されたことになる。


国家技術標準院

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK