スポンサーリンク

NTTコミュニケーションズの一部事業をNTTレゾナントに移管



NTT DOCOMOの子会社であるNTT CommunicationsおよびNTT Resonantは2022年7月1日をもってNTT Communicationsのコンシューマ向け事業をNTT Resonantに移管すると発表した。

2022年7月1日を効力発生日として会社吸収分割方式による事業移管を実行し、NTT Communicationsのコンシューマ向け事業をNTT Resonantに移管する予定という。

事業移管の対象となる主要なサービスはコンシューマ向けインターネット接続サービスがOCN光、OCN for ドコモ光、OCN光 withフレッツなど、コンシューマ向けMVNOサービスがOCNモバイルONEである。

また、その他のコンシューマ向けオプションサービスも事業移管の対象となる。

詳細な事業移管の対象となるサービスはgooの公式ウェブサイトで確認できる。

事業移管の対象となるサービスの加入者に対しては、加入者側で必要な手続きは一切ないことを明確化している。

NTT Communicationsは2022年1月1日を効力発生日としてNTT DOCOMOの完全子会社となった。

NTT Resonantは株式の66.6%をNTT Communicationsが保有し、33.3%をNTT DOCOMOが保有しているが、NTT DOCOMOの保有分を除く全部をNTT DOCOMOに移管してNTT DOCOMOが直接的に保有する完全子会社となる。

そのため、機能の統合および事業責任の明確化を実現するためにコンシューマ向け事業の移管を実行することになった。

NTT Communicationsは法人営業に経営資源を集中し、NTT ResonantはNTT DOCOMOと経営方針を統一してコンシューマ向け事業を展開する計画である。

NTT CommunicationsおよびNTT Resonantは新ドコモグループを構成する会社として事業を展開する。

goo

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK