スポンサーリンク

米Verizon向けスマホSHARP Rouvo Vを準備中



台湾のFIH (富智康國際)は米国(アメリカ)の移動体通信事業者(MNO)でVerizon Wirelessとして携帯通信事業を展開するCellco Partnership向けにスマートフォン「SHARP Rouvo V」を準備していることが分かった。

2022年4月4日付けでBluetooth SIGの認証を通過し、その存在とBluetooth 5.3に対応することが判明している。

また、Bluetooth SIGの認証では型番をSTTM21VAPPと記載しており、すでに同一の型番が2022年3月24日と2022年3月28日付けで米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過したことも確認できる。

FCCでは携帯通信網はLTE (FDD) B2/B4/B5/ B12/B13/B66で通過しており、ほかにBluetoothや無線LANの周波数でも認証を受けている。

無線LANの周波数は2.4GHz帯と5GHz帯で認証を受けており、無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応する。

電池パックは中国のZhongshan Tianmao Battery (中山天貿電池)が製造したリチウムイオン電池のHE401を採用し、容量は3500mAhとなっている。

FIHが開発を担当したAT&T Motivate 2 (EA211002)とCricket Icon 3 (EC211002)と共通の電池パックで、それぞれ米国のAT&Tの子会社で米国の移動体通信事業者であるAT&T Mobility、AT&Tの子会社で米国の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるCricket Wireless向けに開発した。

本体の製造国はベトナムで、すでに米国のWalmartには製品ページが存在しており、仕様の一部が判明している。

ディスプレイは約6.5インチで、リアに約800万画素、フロントに約500万画素のカメラを備える。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

Verizon Wirelessのプリペイド向けラインナップとして取り扱い、販売価格は99米ドル(約13,000円)に設定されている。

Bluetooth SIGでは申請者がSHARPであるが、FCCではFIHが申請者として機能しており、SHARPの商標を使用すると記載しているため、実際はFIHが開発を担当すると考えられる。

FIHは台湾のHon Hai Precision Industry (鴻海精密工業)の子会社で、英領ケイマン諸島のFIH Mobile (富智康集団)を通じて所有している。

SHARPは台湾の会計基準ではHon Hai Precision Industryの関連会社となる。

Bluetooth SIG

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK