スポンサーリンク

NTTドコモの2022夏モデルは全9機種、一部機種はNR-DCやeSIMも対応



NTT DOCOMOは2022年夏モデルのラインナップは全部で9機種であることを案内した。

Sony製の3機種の発表と同時に2022年夏モデルのラインナップはすでに発表した6機種を含めて全部で9機種になると公表している。

2022年夏モデルのラインナップはドコモ スマートフォンのハイスペックモデルが韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のGalaxy S22 SC-51CおよびGalaxy S22 Ultra SC-52C、SHARP製のAQUOS R7 SH-52C、Sony製のXperia 1 IV SO-51Cの4機種となる。

また、ドコモ スマートフォンのスタンダードモデルはSamsung Electronics製のGalaxy A53 5G SC-53C、SHARP製のAQUOS wish2 SH-51C、Sony製のXperia 10 IV SO-52CおよびXperia Ace III SO-53Cの4機種である。

ドコモ ケータイはFCNT製のarrows ケータイ ベーシック F-41Cの1機種となっている。

arrows ケータイ ベーシック F-41Cは2022年夏モデルのラインナップでは唯一のフィーチャーフォンとなった。

ドコモ スマートフォンの8機種はすべて第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定された無線方式であるNR方式に対応した。

このうち、ハイスペックモデルの4機種はすべてNR方式が単独で動作する無線アクセスネットワーク(RAN)構成であるスタンドアローン(SA)構成のOption 2でデュアルコネクティビティ(DC)に対応し、NR-DCではサブ6GHz帯(Sub6)の周波数を中心に定義したFR1のn78もしくはn79とミリ波(mmWave)を中心に定義したFR2のn257で同時通信できる。

2022年4月21日に発売したGalaxy S22 SC-51CおよびGalaxy S22 Ultra SC-52C、2022年6月上旬以降に発売するXperia 1 IV SO-51Cは2022年夏以降に実施するソフトウェアのアップデートを通じてNR-DCに対応する予定である。

2022年7月下旬以降に発売するAQUOS R7 SH-52CはNR-DCに対応するためにはソフトウェアのアップデートが必要となる場合があると案内しており、ソフトウェアのアップデートの要否に関しては確定事項ではない。

そのため、NTT DOCOMOは2022年7月下旬までにはNR-DCを商用化できるよう準備を進めていると考えられる。

ハイスペックモデルのAQUOS R7 SH-52CおよびXperia 1 IV SO-51CではeSIMも利用できる。

NTT DOCOMOの製品として展開するドコモ スマートフォンのラインナップでは初めてeSIMに対応したことになる。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK