スポンサーリンク

ワイモバイル、5Gスマホ3機種にOSバージョンアップを実施



SoftBank Corp.は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)製のスマートフォン「OPPO Reno5 A (A101OP)」、SHARP製のスマートフォン「AQUOS wish (A104SH)」、Sony製のスマートフォン「Xperia 10 III (A102SO)」に対してOSのバージョンアップを実施すると案内した。

3機種ともY!mobileのラインナップで発売したスマートフォンである。

Xperia 10 III (A102SO)に対しては2022年5月26日、OPPO Reno5 A (A101OP)およびAQUOS wish (A104SH)に対しては2022年5月30日よりOSのバージョンアップを順次提供している。

OSのバージョンアップを適用すると、いずれもOSのバージョンはAndroid 12となる。

更新内容にはOSのバージョンアップのほかにセキュリティの向上なども含まれている。

OSのバージョンアップは端末単体で適用できる。

メインメニューもしくは通知画面に表示されたアイコンからOSのバージョンアップの適用が可能で、いずれの方法でOSのバージョンアップを適用した場合でも更新内容には変わりない。

OSのバージョンアップが完了するまでにOPPO Reno5 A (A101OP)およびAQUOS wish (A104SH)では最大30分程度、Xperia 10 III (A102SO)では最大50分程度を要する場合がある。

SoftBank Corp.としてはOSのバージョンアップを適用する場合は事前に必要なデータのバックアップを行うよう推奨している。

電池残量が不足しないよう十分に充電を行い、電波が良好な場所で移動せずにOSのバージョンアップを適用するよう求めている。

OPPO Reno5 A (A101OP)、AQUOS wish (A104SH)、Xperia 10 III (A102SO)は第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンで、OSのバージョンアップは初めてとなる。

Y!mobile

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK