スポンサーリンク

ソフトバンクが3Gの終了日を決定、2024年1月31日に終了へ



SoftBank Corp.は第3世代移動通信システム(3G)の無線方式であるW-CDMA方式に準拠した3Gサービスの提供を2024年1月31日に終了することで決定したと発表した。

SoftBank Corp.は2019年12月6日付けのプレスリリースで2024年1月下旬に3Gサービスの提供を終了すると発表していたが、3Gサービスの提供を終了する詳細な日程までは決定していなかった。

2022年11月14日付けのプレスリリースでは2024年1月下旬と案内していた3Gサービスの終了日を2024年1月31日とすることで決定したと案内している。

3Gの料金プランに加入もしくは3Gの機種を利用している場合に2024年2月1日以降もSoftBank Corp.の携帯通信サービスを利用するためには第4世代移動通信システム(4G)や第5世代移動通信システム(5G)の料金プランに加入もしくは4Gや5Gの機種に変更する必要がある。

3Gサービスの提供の終了はSoftBank Corp.が移動体通信事業者(MNO)として提供するSoftBank、Y!mobile、LINEMOの携帯通信サービス、LINE MOBILEのソフトバンク回線、SoftBank Corp.から卸提供を受ける仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯通信サービスが影響を受ける。

SoftBank Corp.の3Gサービスは英国(イギリス)のVodafone Groupが子会社化したJ-Phoneの時代にVodafone Global Standardとして2002年12月20日に商用化した。

eAccessの完全子会社化に伴い取得した周波数も含めると、900MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2.1GHz帯の周波数を使用してW-CDMA方式を運用してきた。

バンドは900MHz帯がBand VIII、1.5GHz帯がBand XI、1.7GHz帯がBand IX、2.1GHz帯がBand Iである。

Band XIは2017年3月31日の2時、Band IXは2018年2月1日の0時に提供を終了しており、Band IおよびBand VIIIの提供を継続しているが、2024年1月31日に終了することになった。

W-CDMA方式の運用の終了に伴いW-CDMA方式で使用する周波数は有効活用する計画である。

SoftBankでは2022年11月16日より3Gから4Gや5Gへ移行を促進するための取り組みを拡充する。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年3月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK