スポンサーリンク

宮城球場、2023年1月から楽天モバイルパーク宮城に



Rakuten Group (楽天グループ)は宮城県およびRakuten Groupの完全子会社で東北楽天ゴールデンイーグルスを運営するRakuten Baseball (楽天野球団)と宮城野原公園宮城球場の施設命名権に係る契約の更新および愛称の変更で合意したと発表した。

宮城野原公園宮城球場は宮城県が所有、Rakuten Baseballが管理しており、東北楽天ゴールデンイーグルスの専用球場となっている。

Rakuten Groupは2014年1月1日から宮城野原公園宮城球場の施設命名権を保有している。

愛称は2014年1月1日から2016年12月31日まで楽天Koboスタジアム宮城、2017年1月1日から2017年12月31日までKoboパーク宮城を使用してきた。

2018年1月1日から2022年12月31日までは楽天生命パーク宮城を使用しているが、2023年1月1日から2025年12月31日までは楽天モバイルパーク宮城に変更することになった。

短縮表記は楽天モバイルパークもしくは楽天モバイルとなる。

正面入口看板などの掲示を楽天モバイルに順次変更する予定である。

Rakuten Groupの完全子会社で移動体通信事業者(MNO)として携帯通信事業を行うRakuten Mobile (楽天モバイル)の名を冠した愛称に変更することで、宮城県をはじめとして日本全国に向けてRakuten Mobileの携帯通信サービスの認知度の向上および拡大を図る。

これまで、宮城野原公園宮城球場では楽天モバイル 楽天生命パーク宮城店に来店予約した顧客を対象としてイーグルスタワー内の特別席で申し込みの相談案内を行うほか、来場者全員にRakuten Mobileのオリジナル応援タオルを配布するRakuten Mobile Dayを開催するなど、Rakuten Mobileの認知度の向上および拡大を図る取り組みを展開してきた。

また、宮城野原公園宮城球場ではRakuten Mobileの携帯通信サービスで提供する第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式および第5世代移動通信システム(5G)のNR方式も整備している。

NR方式はサブ6GHz帯(Sub6)の3.7GHz帯およびミリ波(mmWave)の28GHz帯で整備しており、一部の観客席および施設で利用できる。

Rakuten Groupは東北楽天ゴールデンイーグルスとRakuten Mobileの連携を加速する予定である。

Rakuten Group

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK