スポンサーリンク

タイ当局、dtacが1.8GHz帯をすべてLTEに転用することを承認


タイの政府機関で電気通信事業などを管轄するNational Broadcasting Telecommunications Commission (NBTC)はノルウェーのTelenor傘下でタイの移動体通信事業者でdtacブランドを展開するTotal Access Communicationが1.8GHz帯をすべてFDD-LTE方式に転用することを承認した。

Total Access Communicationは1.8GHz帯の25MHz幅*2を使用しており、当初はGSM方式で提供していたが、2015年11月上旬には10MHz幅*2をFDD-LTE方式に転用を完了、2015年12月には5MHz幅*2を追加でFDD-LTE方式に転用して15MHz幅*2をFDD-LTE方式で利用開始、2016年2月には追加で5MHz幅*2を追加でFDD-LTE方式に転用して20MHz幅*2をFDD-LTE方式で利用する計画を明らかにしていた。

仮に1.8GHz帯の25MHz幅*2をすべてFDD-LTE方式に転用することになれば1.8GHz帯のGSM方式を終了することになるため、しばらくは5MHz幅*2をGSM方式で残すと思われる。

NBTC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK