スポンサーリンク

VoLTEに対応した日本向けLG X screenとなるLGS02が技適通過


総務省の技術基準適合証明または工事設計認証を2016年5月に通過した機器が公示された。

LG Electronics製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「LGS02」が2016年5月31日付けでテレコムエンジニアリングセンターを通過したことが分かった。

工事設計認証番号は001-A07616。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/800(B26) MHz, W-CDMA 2100(I) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過しており、無線LAN通信の規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応する。

IEEE 802.11 nは2.4GHz帯のみに対応し、5.xGHz帯には非対応となる。

LGS02は未発表端末の型番(モデル番号)で、Bluetooth認証よりLG X screenの型番のひとつであることが判明している。

すでにJATEの認証を取得しており、認証番号よりVoLTE (Voice over LTE)への対応が分かっている。

テレコムエンジニアリングセンターで認証を受けた通信方式および対応周波数はLG Wine Smart LGS01と共通であり、LG Wine Smart LGS01と同様にJupiter Telecommunications (ジュピターテレコム)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開するJ:COM MOBILE向けとなる可能性が高い。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK