スポンサーリンク

FREETELが新フラッグシップスマートフォンFREETEL SAMURAI KIWAMI 2を発表


FREETELブランドを展開するPlus One MarketingはFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 (極 2)」を発表した。

Plus One Marketingの新たなフラッグシップとなるスマートフォンである。

OSにはAndroid 6.0 Marshmallow Versionを採用する。

Android 7.0 Nougat Versionへのバージョンアップも計画している。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio X20 (MT6797)を搭載する。

CPUはデュアルコアの2.3GHz、クアッドコアの2.0GHz、クアッドコアの1.4GHzで計デカコアとなる。

ディスプレイは約5.7インチWQHD(1440*2560)Super AMOLEDを搭載している。

カメラはリアに約1600万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/900(B8)/850(B5)/ 800(B19)/700(B12/B17/B28B) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/ 850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE UE Category 6およびLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)にも対応し、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

日本におけるキャリアアグリゲーションの組み合わせはCA_1A-19AおよびCA_3A-19Aである。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

プライマリのSIMカードでFDD-LTE方式を利用時に、セカンダリのSIMカードではW-CDMA方式で同時待受が可能である。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)にも対応している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBとなる。

外部メモリには非対応となっている。

電池パックの容量は3400mAhである。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

カラーバリエーションはメタルシルバーの1色を用意している。

筐体は高品質アルミボディを採用しており、質感を高めている。

2016年12月に販売を開始する予定で、価格は49,800円に設定されている。

kiwami2
FREETEL

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK