スポンサーリンク

ミャンマーの運輸・通信省がライセンス発給リストを更新、MNTCの所在地が判明


ミャンマー(ビルマ)の政府機関で電気通信分野を管轄する運輸・通信省は2017年1月19日時点におけるライセンスの発給リストを更新し、ミャンマーで正式に第4の移動体通信事業者となるMyanmar National Tele & Communications (MNTC)の新たな情報を公開した。

Myanmar National Tele & Communications (MNTC)に対して交付されたライセンスの種別はNationwide Telecommunications Licenceで、許可された事業内容はすべての電気通信サービスとなっている。

ライセンスの有効期間は2017年1月12日から2032年1月11日までの15年間となる。

本社はミャンマー最大都市・ヤンゴン(ラングーン)に設置しており、所在地は下記の通りである。

Corner of Pantra Street and U Wisara Road, Dagon Township, Yangon, REPUBLIC OF THE UNION OF MYANMAR

なお、ミャンマーでNationwide Telecommunication Licenseを取得した事業体は、ミャンマーの政府組織であるMyanma Posts & Telecommunications (ミャンマー国営郵便・電気通信事業体:MPT)、ノルウェーのTelenor傘下のTelenor Myanmar、カタールのOoredoo傘下のOoredoo Myanmarに続き、Myanmar National Tele & Communicationsが4社目となる。

運輸・通信省

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK