スポンサーリンク

豪州の携帯電話事業者TelstraがギガビットLTEを商用化、世界初の下り最大1Gbpsに


豪州の移動体通信事業者であるTelstraはサービスブランドをTelstra 4GX LTEとして提供中のLTEサービスを高速化すると発表した。

これまで通信速度は下り最大600Mbpsで提供してきたが、下り最大1Gbpsまで高速化する。

商用のLTEサービスでは世界で初めてGbpsクラスの通信速度を実現することになる。

まずはシドニー、メルボルン、ブリスベンの一部を下り最大1Gbpsの提供エリアとし、2017年中にパースやアデレードの一部にも拡大する計画である。

下り最大1Gbpsはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)、256QAM、4×4 MIMOを同時に適用する。

また、上りの通信速度はキャリアアグリゲーションと64QAMを同時に適用して最大150Mbpsとなる。

カテゴリはLTE DL Category 16およびLTE UL Category 13である。

Telstraは米国のQualcommの子会社であるQualcomm Technologies、米国のNETGEAR、スウェーデンのEricssonと協力して下り最大1Gbpsを実現しており、通信設備はEricssonが供給する。

対応端末はQualcomm Technologiesが開発したQualcomm Snapdragon X16 LTE modem (MDM9250)を搭載するNETGEAR製のモバイル無線LANルータ「NETGEAR Nighthawk M1 (MR1100)」を2017年2月下旬に発売予定としている。

Telstra

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK