スポンサーリンク

大容量電池を搭載したASUS ZenFone 3 Max (ZC553KL)となるASUS_X00DDAが技適通過


zenfone3max

総務省の技術基準適合証明または工事設計認証を2016年11月後半に通過した機器が公示された。

ASUSTeK Computer (華碩電脳)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「ASUS_X00DDA」が2016年11月21日付けでディーエスピーリサーチの認証を通過したことが分かった。

工事設計認証番号は003-160250。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/ 800(B18/B19/B26)/700(B28) MHz, TD-LTE 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANは2.4GHz帯のみ利用可能で、IEEE 802.11 b/g/nに対応する。

ASUS_X00DDAはASUS ZenFone 3 Max (ZC553KL)の型番(モデル番号)に該当する。

ASUS ZenFone 3 Max (ZC553KL)はグローバル向けに発表済みで、日本向けには発表されていない。

日本の認証機関を通過したことや、ASUS ZenFone 3 Max (ZC553KL)には日本向けとなるTW/JP/HK/PH versionが存在することから、日本向けに投入される可能性が高い。

なお、ASUS ZenFone 3 Maxシリーズとしては日本ではASUS ZenFone 3 Max (ZC520TL)を販売している。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK