スポンサーリンク

米国の携帯電話事業者T-Mobile USが2017年春にLTE-Uを導入


ドイツのDeutsche Telekom傘下で米国の移動体通信事業者であるT-Mobile USは2017年春にLTE-Uを導入すると発表した。

LTE-Uはアンライセンスバンド(非免許帯域)をLTE通信で利用する技術である。

ただ、LTE-UおよびLAAはアンライセンスバンドのみでLTE通信を利用するMulteFireとは異なり、ライセンスバンド(免許帯域)におけるLTE通信の補助としてアンライセンスバンドを利用し、ライセンスバンドとアンライセンスバンドのアグリゲーションで活用する。

なお、LTE-UはLBT機能がなく、LAAはLBT機能があり、これがLTE-UとLAAの大きな違いとなる。

T-Mobile USは2017年春よりアンライセンスバンドである5GHz帯の20MHz幅をLTE通信の補助として利用可能とし、通信速度の高速化やネットワークのキャパシティの増強を図る。

EricssonおよびNokiaよりFCCから承認された通信設備を調達し、LTE-Uに対応したネットワークを構築するという。

T-Mobile US

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK