スポンサーリンク

NTTドコモがコンシューマ機器向けeSIMプラットフォームを開発、対応端末を2017年中に発売


NTT DOCOMOはコンシューマ機器向けにeSIMプラットフォームを開発したと発表した。

タブレットやウェアラブルデバイスなどのコンシューマ機器を対象として、通信サービスの利用に必要な電話番号や契約内容などの加入者情報(プロファイル)を遠隔でSIMカードに書き込めるeSIMプラットフォームを開発したとのことで、eSIMプラットフォームに対応した端末を2017年中に発売する予定としている。

NTT DOCOMOは2014年6月よりdocomoM2Mプラットフォームを利用する法人顧客を対象として、車両や建設機械などのM2M機器向けeSIMを提供しているが、新たに開発したeSIMプラットフォームでは対応した端末から簡易操作により、自事前に登録した契約情報などを即時に遠隔でSIMカードに書き込める。

SIMカードを端末に内蔵させておくことで、SIMカードの抜き差しが不要となるため、顧客の利便性向上を実現してより簡単に通信サービスを使えるとのことである。

NTT DOCOMO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK