スポンサーリンク

SoftBankがIoT推進の一環でeSIMプラットフォームを開発


SoftBankはeSIMプラットフォームを開発すると発表した。

IoT推進の一環としており、eSIMに対してネットワーク接続に必要な情報を遠隔で書き込みや切り替えが可能なeSIMプラットフォームを開発するという。

eSIMプラットフォームの運用は2017年中に開始する予定としている。

これまではM2M機器を搭載した車両などを外国で販売する場合、販売先の国の通信事業者ごとにネットワーク接続に必要な情報が書き込まれた専用のSIMカードを用意する必要があった。

しかし、IoT製品やM2M機器にeSIMを組み込むことで、M2M管理プラットフォームからeSIMプラットフォームを通じて遠隔でネットワーク接続に必要な情報の書き込みや切り替えが可能となる。

また、eSIMプラットフォームではタブレットやウェアラブルデバイスなどに搭載されたeSIMに対しても、ネットワーク接続に必要な情報に加えて、事前に登録した契約情報などを遠隔で書き込めるとしている。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK