スポンサーリンク

Telenor SrbijaとVip mobileが5月1日にコソボで違法な携帯電話事業を終了


ノルウェーのTelenor傘下でセルビアの移動体通信事業者であるTelenor SrbijaとオーストリアのTelekom Austria傘下でセルビアの移動体通信事業者であるVip mobileは2017年5月1日にコソボにおける携帯電話事業を終了すると発表した。

セルビア政府はコソボをセルビアのコソボ・メトヒヤ自治州として領有権を主張する背景から、セルビア政府より移動体通信事業の免許を交付されたTelenor Srbija、Vip mobile、Telekom Srbijaはセルビア側の立場であり、コソボ政府の承認なくコソボで携帯電話事業を手掛ける。

一方、欧州連合(EU)への加盟を目指すセルビア政府は加盟条件のひとつにコソボ問題の解決を命じられており、その一歩としてセルビア政府とコソボ政府は通信協定を締結した。

通信協定にはセルビア政府がコソボに対して独自の国際電話番号の運用を認めること、コソボ政府が1社以上のセルビアの移動体通信事業者に対してコソボにおける移動体通信事業の免許を交付することなどが含まれた。

2016年12月にコソボ政府がTelekom Srbijaの子会社であるmtsに免許を交付し、2017年2月にはコソボで独自の国際電話番号の運用を開始したが、Telenor SrbijaとVip mobileは免許交付の対象外であるため、コソボの領域内で移動体通信事業の展開が不可となった。

コソボ政府の立場としては免許交付の対象外であるTelenor SrbijaとVip mobileは違法事業となるため、コソボの政府機関で電気通信分野を管轄するAutoriteti Rregullativ i Komunikimeve Elektronike dhe Postare (以下、ARKEP)はTelenor SrbijaとVip mobileに対して2017年2月28日までにコソボから去るように要求した。

しかし、顧客の移行期間の確保が必要とする意見を踏まえて、ARKEPは2017年5月1日まで猶予を与えていた。

Telenor SrbijaとVip mobileは2017年5月1日に停波する予定で、移行に遅れた顧客に対しては条件に変更なくmtsがローミングとして受け入れる。

コソボの領域ではTelenor Srbijaが10局、Vip mobileが5局の基地局を運用していたが、これらの基地局は撤去する必要があり、Telenor Srbijaはミトロヴィツァおよびレポサヴィッチに位置する2ヶ所の鉄塔を自治体に寄付する。

Telenor Srbija
Vip mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK