スポンサーリンク

KDDIおよび沖縄セルラーが3CC CAと4×4 MIMOで下り最大590Mbpsに高速化


au

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneは2017年5月16日より、FDD-LTE方式による4G LTEの下り最大150MbpsとTD-LTE方式と互換性を確保したWiMAX Release 2.1 Additional Elements (以下、WiMAX R2.1 AE)方式によるWiMAX 2+の下り最大440Mbpsを組み合わせることで下り最大590Mbpsに高速化すると発表した。

キャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)と4×4 MIMOを組み合わせて下り最大590Mbpsを実現する。

3CC CAの組み合わせはCA_1A-41Cとなり、FDD-LTE方式の2.1GHz帯(Band 1)では20MHz幅の搬送波を1つ、WiMAX R2.1 AEの2.5GHz帯(Band 41)では20MHz幅の搬送波を2つ束ねる。

さらに、WiMAX R2.1 AE方式の搬送波では4×4 MIMOを同時に適用することで、通信速度は下り最大370Mbpsから下り最大590Mbpsとなる。

対応端末はSpeed Wi-Fi NEXT W04となり、2017年5月16日より配信されるソフトウェアのアップデートを適用すれば対応する。

下り最大590Mbpsは大阪府、愛知県、東京都の一部エリアから順次提供を開始し、新たに発売する一部のスマートフォンが対応することも明らかにしている。

KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK