スポンサーリンク

ミャンマーの携帯電話事業者Telenor Myanmarがヤンゴンで4G LTEを開始


ノルウェーのTelenorの全額出資子会社でミャンマー(ビルマ)の移動体通信事業者であるTelenor Myanmarはミャンマーの最大都市・ヤンゴンでLTEサービスを開始した。

Telenor MyanmarのLTEサービス自体は2016年7月に開始しているが、LTEサービスの開始当初は首都・ネピドーのみ提供エリアとしていた。

LTEサービスの開始当初より周波数はFDD-LTE方式の2.1GHz帯(Band 1)のみを使用していたが、これはW-CDMA方式で利用する周波数の一部をFDD-LTE方式に転用している。

W-CDMA方式の利用者が多いヤンゴンなどではW-CDMA方式の帯域を残す必要があるため、FDD-LTE方式への転用は困難な状況にあった。

しかし、Telenor Myanmarは2017年5月にミャンマーの政府機関で電気通信分野を管轄する運輸・通信省(Ministry of Transport & Communications:MOTC)傘下の郵電局(Posts and Telecommunications Department:PTD)より1.8GHz帯(Band 3)を取得しており、新たに取得した1.8GHz帯を完全にFDD-LTE方式で使うことで、ヤンゴンでもLTEサービスの導入が実現した。

Telenor Myanmar

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK