スポンサーリンク

ミャンマーのMPTがLTE+としてLTEサービスを本格展開、ミャンマー初の4×4 MIMO導入


mpt

KDDIおよびSumitomo Corporation (住友商事)はミャンマー(ビルマ)におけるLTEサービスを本格展開すると発表した。

KDDIとSumitomo Corporationはミャンマーの移動体通信事業者であるMyanma Posts and Telecommunications (ミャンマー国営郵便・電気通信事業体:以下、MPT)と共同事業を手掛けている。

LTEサービスの開始当初は2.1GHz帯(Band 1)の5MHz幅*2を利用して限定的に提供していたが、新たに取得した1.8GHz帯(Band 3)の10MHz幅*2を利用してLTEサービスの展開を本格化する。

サービスブランドをLTE+としてLTEサービスを本格展開し、ミャンマーの移動体通信事業者としては初めて4×4 MIMOを導入することも明らかにしている。

2017年5月末より首都・ネピドー、ヤンゴン、マンダレーでLTE+を開始しており、2017年9月末までにミャンマー全土の約30都市まで拡大するという。

2.1GHz帯では下り最大37.5Mbpsとしていたが、1.8GHz帯では下り最大75Mbpsとなり、さらに1.8GHz帯で4×4 MIMOを適用して下り最大150Mbpsとなる。

また、SNSや動画配信サービスの利用増加を受けて、SNSや動画専用のデータ通信容量をセットとしたデータパッケージプランとなるハッピーデータコンボを提供する。

なお、対象のSNSおよび動画配信サービスはFacebook、Viber、YouTube、Pyone Playとなっている。

KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK