スポンサーリンク

Snapdragon 835や8GB RAMを搭載したスマートフォンOnePlus 5を発表


中国のShenzhen Oneplus Science & Technology (深圳市万普拉斯科技)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「OnePlus 5 (ONEPLUS A5000)」を発表した。

Shenzhen Oneplus Science & Technologyのフラッグシップとなるスマートフォンである。

OSにはAndroid 7.1.1 Nougat VersionをベースとしたOxygenOSを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform (MSM8998)を搭載する。

CPUはオクタコアで動作周波数が最大2.45GHzとなっている。

ディスプレイは約5.5インチFHD(1080*1920)Optic AMOLEDを搭載し、画素密度は401ppiとなる。

カメラはリアに約2000万画素CMOSイメージセンサSony IMX350と約1600万画素CMOSイメージセンサSony IMX 398、フロントに約1600万画素CMOSイメージセンサSony IMX371を備える。

リアのカメラは望遠カメラと広角カメラで構成されたデュアルカメラとなり、約2000万画素CMOSイメージセンサが望遠カメラ、約1600万画素CMOSイメージセンサが広角カメラである。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/ 2100(B1)/1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 800(BC0) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

下りはLTE DL Category 12やキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)および256QAM、上りはLTE UL Category 13やCAおよび64QAMに対応し、通信速度は下り最大600Mbps/上り最大150Mbpsとなる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は6GBと8GBを用意し、内蔵ストレージの容量は64GBと128GBを用意する。

電池パックは内蔵式で、容量は3300mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用し、高速充電のDash Chargeを利用できる。

フロントには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはMidnight BlackとSlate Grayの2色展開である。

オンラインを通じて2017年6月27日に販売を開始する予定で、価格は米国では479米ドル(約53,000円)から、欧州では499ユーロ(約62,000円)からに設定されている。

oneplus5-press
OnePlus

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK