スポンサーリンク

NTTドコモ向けスマートフォンMONO MO-01KがFCC通過、実機画像が公開される


mo01k_2

NTT DOCOMO向けのZTE (中興通訊)製のFDD-LTE/W-CDMA端末「MO-01K」が2017年7月18日付けでFCCを通過した。

FCC IDはSRQ-MO-01K。

モバイルネットワークはW-CDMA 850(V) MHzで認証を受けている。

Bluetoothおよび無線LANの周波数でも通過しており、Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 b/g/nに対応する。

無線LANは2.4GHz帯のみ利用できる。

MO-01Kは未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番規則よりNTT DOCOMO向けで、MONOシリーズとなることが分かる。

FCCでは実機画像や取扱説明書の一部が公開されており、スペックの一部が判明している。

チップセットはQualcomm Snapdragonを搭載する。

SIMカードはシングルSIMで、Nano SIM (4FF)サイズとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、型番はLi3928T44P8h475371で容量が2800mAhとなっている。

MONO MO-01Jの後継でNTT DOCOMOが企画したエントリークラスのスマートフォンとして2017年秋以降に発売されると思われる。

mo01k_1
mo01k_2
FCC – ZTE MO-01K

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK