スポンサーリンク

VEONがラオスから撤退へ、Beeline Laoの売却でラオス政府と合意


オランダのVEONはラオスの携帯電話事業者であるVimpelCom Laoをラオス政府に売却すると発表した。

VEONは同社の全額出資子会社でオランダのVimpelCom Holding Laosを通じてVimpelCom Laoの株式78%を保有しているが、VimpelCom Holding Laosとラオス政府はVimpelCom Holding Laosが保有するVimpelCom Laoの全株式を総額2,200万米ドル(約25億円)でラオス政府に売却することで合意に達したという。

VimpelCom Laoへの出資比率はVimpelCom Holding Laosが78%、残りの22%がラオス政府であるため、取引完了後はラオス政府が100%となる予定である。

なお、2017年6月30日時点でVimpelCom Laoの携帯電話サービスの加入件数は289,000件となっている。

VimpelCom LaoはVEONが保有するBeelineブランドで展開しており、取引完了後はブランド名を変更する可能性がある。

VEON

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK