スポンサーリンク

韓国向けにBlackBerry KEYone Black Editionを発表、韓国語キーボードを搭載


keyone-kr

韓国のCJ HelloVisionはTCL Communication Technology Holdings (TCL通訊科技控股)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「BlackBerry KEYone Black Edition」を韓国向けに発表した。

物理的なQWERTYキーボードを搭載したBlackBerryブランドのスマートフォンで、韓国向けには韓国語キーボードとなる。

OSにはAndroid 7.1.1 Nougat Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)で、CPUはオクタコアで動作周波数は最大2.0GHzとなっている。

ディスプレイは約4.5インチで解像度が1080*1620のIPS液晶を搭載する。

アスペクト比が3:2のディスプレイとなり、画素密度は433ppiである。

カメラはリアに光学手ブレ補正対応の約1200万画素積層型CMOSイメージセンサSony IMX378 Exmor RS、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE UE Category 6およびLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)にも対応する。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量が64GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、容量は3505mAhとなっている。

フロントには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

CJ HelloVisionが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供するHello Mobileのラインナップで取り扱う。

2017年12月に発売する予定で、価格は50万韓国ウォン(約5万円)台後半となる見込み。

keyone-kr
Hello Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK