スポンサーリンク

NB-IoTに対応したSamsung Connect Tag (SM-V110K)はTizenベースのOSを搭載


韓国のSamsung Electronicsが開発した位置情報端末「Samsung Connect Tag (SM-V110K)」はTizenベースのOSを採用することが分かった。

OSにはIoT向けに開発されたTizen IoTを採用している。

CPUはシングルコアで動作周波数が1.3GHzである。

通信方式は半二重FDD-LTE(HD-FDD LTE) 1800(B3) MHzに対応する。

NB-IoTとして知られるLTE UE Category NB1に対応し、SIMカードはeSIMとなる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)にも対応している。

全球測位衛星システムはGPSおよびGLONASSを利用できる。

システムメモリの容量は128MBで、内蔵ストレージの容量は256MBである。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は300mAhとなっている。

製造工場はSamsung Electronicsがベトナムで保有する工場となる。

韓国の移動体通信事業者であるKTを通じて販売している。

connecttag
Samsung Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK