スポンサーリンク

vivo X20Plus UDが中国の認証に登場、画面に指紋認証センサを統合した最初のスマホか


vivo Mobile Communication (維沃移動通信)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「vivo X20Plus UD」が2017年12月26日付けで中国工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology:MIIT)の認証を通過した。

中国工業和信息化部の認証ではvivo X20Plus UDのスペックが公開されている。

OSにはAndroid 7.1.1 Nougat VersionをベースとするFuntouch OSを採用している。

CPUはオクタコアで動作周波数が最大2.2GHzとなっている。

ディスプレイは約6.43インチFHD+(1080*2160)有機ELを搭載する。

カメラはリアに約2000万画素CMOSイメージセンサと約500万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約1200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 800(BC0) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzで通過している。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

電池パックの容量は3800mAhとなっている。

筺体サイズ(長さ×幅×厚さ)は約165.2×80.02×7.35mm、質量が約183.1gとなる。

カラーバリエーションは黒金、香檳金、玫瑰金、磨砂黒を用意する。

vivo X20Plus UDは未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番からvivo X20Plusの派生モデルと考えられる。

UDはUnder Displayを意味し、ディスプレイに指紋認証センサを統合したスマートフォンの可能性が指摘されている。

米国のSynapticsはvivo Mobile Communicationと共同でディスプレイ一体型の指紋認証センサを発表しており、米国のラスベガスで開催されたCES 2018ではディスプレイ一体型の指紋認証センサを搭載したvivo X20Plusも公開した。

ディスプレイ一体型の指紋認証センサを搭載したvivo X20Plusをvivo X20Plus UDとして製品化する可能性がある。

中国工業和信息化部

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK