スポンサーリンク

Snapdragon 845や18:9のディスプレイを搭載したSony Xperia XZ2を発表


Sonyの全額出資子会社であるSony Mobile CommunicationsはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Sony Xperia XZ2」を発表した。

Sony Mobile Communicationsが2018年上半期のフラッグシップとして展開するハイスペックなスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform (SDM845)で、CPUはオクタコアとなる。

ディスプレイはTRILUMINOS Display for mobileの技術を導入した約5.7インチFHD+(1080*2160)液晶を搭載している。

アスペクト比が18:9かつHDRに対応したディスプレイとなっている。

カメラはリアにMotion Eyeカメラと呼ばれる約1900万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RS、フロントに約500万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RSを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応する。

LTE DL Category 18およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した5コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(5CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはCAおよび64QAMを利用可能で、通信速度は下り最大1.2Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

SIMカードはシングルSIM版とデュアルSIM版を用意しており、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は4GBと6GBを用意し、内蔵ストレージの容量は64GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は3180mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

Wireless Power Consortium (WCP)のQiに準拠した無線充電や急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0を利用できる。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはLiquid Black、Liquid Silver、Deep Green、Ash Pinkの4色展開となる。

グローバルで2018年3月に販売を開始する予定である。


Sony Mobile Communications

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK