スポンサーリンク

台湾の中華電信が2018年中に5Gのフィールドテストを開始へ


台湾最大手の移動体通信事業者(MNO)であるChunghwa Telecom (中華電信)は2018年より第5世代移動通信システム(5G)のフィールドテストを開始することが分かった。

Chunghwa TelecomはスウェーデンのEricssonやフィンランドのNokiaと協力して、2018年から2019年にかけて5Gのフィールドテストを実施する計画である。

Ericssonは2019年初めに台湾の特定の都市で5Gのネットワークを構築すると説明している。

少なくともChunghwa Telecomが所有する桃園市内のChunghwa Telecom Laboratories (中華電信研究院)で5Gのネットワークを構築する見込み。

周波数帯はサブ6GHz帯の3.5GHz帯およびミリ波(mmWave)で5Gの有力な候補周波数帯とされる28GHz帯を利用する。

Chunghwa Telecomは2020年にプレ商用の5Gを導入する計画で、5Gのフィールドテストなどを通じて5Gの商用化に向けた研究開発を加速させる方針である。

Chunghwa Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK