スポンサーリンク

SoftBankがDIGNO J (704KC)を発表


SoftBankはKYOCERA (京セラ)製のFDD-LTE/TD-LTE/AXGP(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「DIGNO J (704KC)」を発表した。

SoftBankブランドのラインナップで、耐衝撃性能などを備えるタフネスなスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 430 (MSM8937)を搭載している。

CPUはクアッドコアの1.4GHzとクアッドコアの1.1GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約5.0インチFHD(1080*1920)液晶となる。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/900(B8) MHz, TD-LTE 2500(B41) MHz, AXGP(TD-LTE) 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応する。

SoftBankのネットワークでは通信速度が下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbpsとなる。

VoLTE (Voice over LTE)をさらに高音質化する音声コーデック技術のEVS (Enhanced Voice Services)を適用したVoLTE(HD+)にも対応しており、より高音質な音声通話を利用できる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)にも対応している。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載する。

IPX5やIPX7に準拠した防水性能やIP5Xに準拠した防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した耐衝撃性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は2600mAhとなっている。

カラーバリエーションはアクアブルー、チャコールブラック、パールホワイトの3色展開となる。

2018年7月下旬以降に発売する予定である。


SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK