スポンサーリンク

中国移動が杭州で300局の5G基地局を設置へ、杭州を5G都市に


中国のChina Mobile (中国移動)の子会社で浙江省の移動体通信事業者(MNO)であるChina Mobile Group Zhejiang Company (中国移動通信集団浙江)は浙江省の省都・杭州市で第5世代移動通信システム(5G)の大規模なトライアルを実施すると発表した。

杭州市では2018年3月より3GPPで規定される5G NRに準拠した5Gネットワークの構築を開始しており、まずは銭江新城(中心業務地区)、武林商圏、西湖断橋、杭州高新区(濱江)で5Gの基地局を設置している。

2018年末までに300局の5Gの基地局を杭州市内に設置する計画で、西湖景区、浙江大学、亜運場館、物聯網小鎮、梦想小鎮、科研院所なども5Gネットワークでカバーする計画という。

杭州市は第4世代移動通信システム(4G)のトライアルで先行して大規模なトライアルを実施するなど、中国国内では4Gの研究開発をリードした都市としても知られるが、4Gに続いて5Gの研究開発もリードし、杭州市で5G都市を建設するとのことである。

また、杭州市で5Gの研究開発を加速するため、China Mobile Grouip Zhejiang Companyや中国のHuawei Technologies (華為技術)など26の事業体が参画する浙江省5G産業連盟も設立した。

China Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK