スポンサーリンク

エントリークラスのスマートフォンCovia FLEAZ BEATを発表


CoviaはFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Covia FLEAZ BEAT (CP-W5)」を発表した。

SIMロックフリーで展開するエントリークラスのスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のMediaTek MT6750を搭載する。

CPUはクアッドコアの1.5GHzとクアッドコアの1.0GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約5.0インチHD(720*1280)IPS液晶となる。

カメラはリアに約800万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/800(B19) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のMicro SIM (3FF)サイズのSIMカードスロットを搭載している。

Bluetooth 4.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)も利用できる。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは取り外し可能なリチウムイオン電池で、容量は2300mAhとなっている。

リアには指紋認証センサを搭載する。

カラーバリエーションはブラックとインディゴの2色展開である。

なお、インディゴはNTT Resonantが運営するgooSimseller限定となる。

FLEAZ Directでは価格が19,224円(税込)に設定されている。


Covia

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK